晩白柚ルポルタージュ

熊本出身31歳の日記です。2018年11月からカナダ・トロントでワーホリをしています。

トロントグルメ旅

もはや言わずもがなですが、トロントは多くの移民によって構成される街です。そして街のいたるところに、チャイナタウン、リトルイタリー、グリークタウン‥、といったエスニックタウンが形成されています。

トロントで生活することの醍醐味のひとつが、それらエスニックタウンで世界の料理が気軽に食べられる、ということだと言われています。今回の記事は、晩白柚トロントでいろんな国の料理を食し、その写真をただただ貼り付けるという自己満足記事となっております。

この記事で紹介している料理の値段は正確ではありません。うろ覚えです。詳しくは現地を訪れてみてください(なげやり)。

ちなみにこの記事中の写真の2/3はちゃんとしたカメラで撮っていますが、あとの1/3はスマホのクソカメラです。ピントが合っていなかったり妙に暗かったりしますがご了承ください。 

 

【タイ料理】PAI Northern Thai Kitchen

おそらくトロントで3本の指に入るタイ料理屋さんです。平日のお昼でも大盛況です。

f:id:banpeiyu4:20190514223213j:plain

<Pad Gra Prow> 値段は忘れた。ライスにかかっている甘辛いタレがうまい。

 

f:id:banpeiyu4:20190514223214j:plain

<Khao Soi> 値段は忘れた。タイ版カレーうどん。カレー好きにはたまらない一杯。

 

f:id:banpeiyu4:20190514223212j:plain

<Thai Iced Tea> 値段は忘れた。甘いけど、甘すぎない、適度な甘さ。

 

地下鉄St.Andrew駅を出て徒歩で5分ほどです。

 

ギリシャ料理】ASTORIA shish kebob House

 入り口のドアを開けると胸元の開いたセクシーなお姉さんが立っていて、笑顔で席まで案内してくれます。

f:id:banpeiyu4:20190514223157j:plain

f:id:banpeiyu4:20190514223158j:plain

f:id:banpeiyu4:20190514223159j:plain

ビール1本、サラダ、メインディッシュ(Chicken Souvlaki)のセットで25ドルぐらいだったと思います。スーヴラキとは、肉をグリルで焼いたものです。結構無骨な料理ですね。

 

Chester駅から歩いて10秒ぐらいのところにあります。Chester駅に行けばすぐにわかります。

 

【イタリア料理】IL GATTO NERO

f:id:banpeiyu4:20190514223200j:plain

メニューがすべてイタリア語で書かれていて、なんのこっちゃわからなかったので、人気のパスタとピザを聞いてひとつずつ注文しました。が、結構なサイズのピザがやってきてしまい、パスタと一緒に食べきるのに一苦労でした。

f:id:banpeiyu4:20190514223201j:plain

<PENNE RAGÚ> 16ドルくらい。美味しかったけど、PENNEで気付きゃいいんですけどパスタというかマカロニですね。

 

f:id:banpeiyu4:20190514223202j:plain

<CANADESE> 14ドルくらい。ボリューム満点です。耳は残しました(すみません)。

 

College駅から506 High Park行きのストリートカーに乗って15分ほどです。

 

【中華料理】Mother's Dumplings

f:id:banpeiyu4:20190514223203j:plain

f:id:banpeiyu4:20190514223204j:plain

f:id:banpeiyu4:20190514223205j:plain

焼餃子が12ドル、炒飯が11ドルぐらいだったと思います。この辺は日本でも食べ慣れているせいか、日本のほうが美味しいかな?と感じてしまいました。

 

Spadina駅から発車するストリートカーに乗り、南へ5分ほど下ったところにあります。

 

【日本料理】IMANISHI JAPANESE KITCHEN

一応日本料理も紹介しておきます。トロントの日本風居酒屋というと、店に入るなり店員が大きな声で「いらっしゃいませー!」と声をあげ、徹底的に日本の雰囲気に寄せた店作りがなされているものですが、このお店はそのような居酒屋とは一線を画しています。店内には80年代のシティ・ポップなどが流れ、落ち着いた雰囲気です。料理のレベルもかなり高いです。強いて言えば、料理の値段が少し高めです。しかしながら、トロントで一番といってよいジャパレスだと思います。

f:id:banpeiyu4:20190514223208j:plain

<サッポロビールと刺身盛り合わせ> ビールが7ドル、刺身が20ドルぐらいだったと思います。さすがにこの量の刺身で20ドルは高いですが、トロントで食べることができる刺身といえばサーモンぐらいなので、このラインナップは新鮮です。

 

f:id:banpeiyu4:20190514223209j:plain

<からあげ> 値段は忘れた。ゆずの風味が効いていて美味しいです。

 

f:id:banpeiyu4:20190514223210j:plain

<とうもろこしの天ぷら> 値段は忘れた。いい味出してます。ほかになすの揚げ出しも食べました。だしがしっかりしていて、かなり美味しかったです。

 

Dundas駅からDundas West駅行きの505バスに乗って20分ほどです。ダウンタウンから少し遠いのがネックです。

 

 【おまけ】St. Lawrence Market の Buster's Sea Cove

f:id:banpeiyu4:20190514223206j:plain

f:id:banpeiyu4:20190514223207j:plain

最後に、トロントのグルメとして忘れてはいけないものを貼っておきます。トロントの台所、セント・ローレンス・マーケットで食べた、Swordfish(メカジキ)のサンドウィッチです。11ドル。パリパリに焼かれたパンとメカジキのうまみが合わさって、それはもう美味かったです。

 

いろいろ紹介してみましたが‥

トロントではいろんな国の料理が食べられる!という謳い文句にはおおむね賛成ですが、だからといって、トロント最高!とまではいかないですね。だって、東京だって同じぐらいたくさんの国の料理、食べられるし‥しかも美味いし‥。

今回紹介した中でいちばん美味しかった料理は?と言われれば、即答でセントローレンスマーケットのメカジキサンドウィッチです。市場の飾らないファストフードってところにグッと来ました。みなさんもトロントにお出での際はぜひメカジキのサンドウィッチを!