晩白柚ルポルタージュ

熊本に住む30歳男性の日記です。2018年11月からカナダ・トロントでワーホリ予定。

カレー探訪(2)

カレーが好きだと言いながら、前回の記事のあとからろくにカレー屋を開拓していませんでした。いや、なにぶん寒いので、外を出歩きたくないのです。だとか何とか言いながら及び腰です。

わずかではありますが、ここ最近のうちに訪れたカレー屋を紹介していきます。ちなみにここに挙げている写真はすべてスマホで撮ったものになります。

 

さんえす

f:id:banpeiyu4:20180206012413j:plain

サンロード新市街から栄通りに入ってすぐのところにある老舗カレー屋さん。1947年創業と、熊本のカレー界隈では圧倒的な歴史をお持ちです。店内は昭和の喫茶店を思わせるレトロな雰囲気です。

f:id:banpeiyu4:20180206012414j:plain

「ベーコンと野菜」カレーをいただきました。衝撃的なシャキシャキとした食感は炒めた千切りじゃがいもでしょうか。カレーソースも深みを感じさせる味わい。思わず「さんえすワールド」に引き込まれてしまうカレーです。ここ最近いただいた熊本のカレーの中ではひさびさのクリーンヒットでした。

 

インド食堂

f:id:banpeiyu4:20180206012415j:plain

熊本市立図書館の目の前で営んでおられます。ベジタリアンとノン・ベジタリアンの2種類からソースを選ぶことができます。僕はひよこ豆が苦手だったのでノン・ベジタリアンをチョイス。

f:id:banpeiyu4:20180206012416j:plain

店主はインドを何度も訪れてはインドの家庭料理を習得しているそうですから、本場インドのカレーがそれなりに再現されているのでしょう。インドでカレーを食べたらきっとこんな味なんだろうなあ、という思いに浸りながら食べさせていただきました。

 

スリランカくまもと

f:id:banpeiyu4:20180206012417j:plain

前回の記事で紹介したPingTongさんと同じ雑居ビルに入っているスリランカ料理屋さん。三年坂には姉妹店の「スリランカくまもと2nd」さんがあって、以前そちらを先に訪れたことがありました。その時食べたスリランカカレーの味が忘れられず、こちらの本店を再訪した次第です。

f:id:banpeiyu4:20180206012418j:plain

スリランカカレーはココナッツミルクのクリーミーな味わいの中にピリリとスパイシーな辛さが引き立つのが特徴です。僕はタイのグリーンカレーも好きですが、ココナッツミルクの香りに惹かれているんでしょうね。クリーミーさの中に辛さが光る、といういわばアメとムチの両方を持つスリランカカレーは、ひとたび食べると確実にクセになります。

 

八木カレー

f:id:banpeiyu4:20180206012419j:plain

熊本城のお膝元、熊本第一高校のそばにあります。熊本屈指の名店と聞いていたので、少し期待しすぎました。

こちらのお店は独特な「八木時間」が流れています。注文してからカレーが出てくるまで40分ほどかかります。それを客は皆、嫌な顔ひとつせずにじっ、と待ち続けているのです。

f:id:banpeiyu4:20180206012420j:plain

カレーソースはオリジナルベースとココナッツベースの2種類から選べます。ココナッツの香りに惹かれましたが、初めての注文だったのでオリジナルをいただきました。ソースはサラサラとしていて、新宿のモンスナックを彷彿とさせます。味は置いといて、ソースがちょっとぬるかったのが残念でした。